SEOについて簡単に説明すると「検索エンジンにおいて上位結果表示させる方法」となります。とは言ってもSEOの方法自体、自由に検索結果上位に表示させることができるテクニックが確立しているわけではなく上位結果表示になる可能性が高いという、どこかハッキリしない表現になるのです。どういったSEOが効果的なのか、確実な方法が確立されていない不確定な情報を扱う業界ですが、今SEO業界は他の競合SEO企業も増えていることからますます上位表示が難しくなっています。当サイトではネット上で激動いるを繰り広げているSEO事情等を紹介し、効果的なSEOを探る手助けをするコンテンツをご用意しています。

検索エンジン毎(クローラー)の特徴を把握する

今や情報検索に必要不可欠なツールとなっているパソコン・インターネットにおいて、情報検索の際に使用されるのは「検索エンジン」です。SEOはこの検索エンジンの検索結果で上位に表示させてユーザーにアクセスしてもらいやすくする行為ですが、検索エンジンと一言で言ってもいくつか種類があり、それらの中でも特に利用率が高いのはyahoo、google、MSNの3つです。このページではこれら大手検索エンジンが備えているクローラーの特徴と対策として、まずyahooへのSEO対策についてご説明します。

yahoo検索エンジンの特徴

ここで説明する各検索エンジンの説明は、あくまでも今までの統計からでた推測であることを最初に申し上げておきます。検索エンジン利用率ダントツのナンバー1を誇るyahooは、おそらくインターネット利用者の中で知らない人はいないと言っても過言ではないほど認知度が高く、また登録されているサイトの数にも定評があります。yahooが搭載しているクローラーが重視するサイト情報は、「タイトル要素」「メタタグ」「ヘディングタグ」「キーワードの出現率」です。

専ら、googleに比べてyahooの方が検索順位を上位にするのは容易だというのがSEO業界における見解で、そこまで込み入ったSEO対策を施さなくても基本的な対策さえ怠らなければ自然に上位に表示されるという統計がでているそうです。ここで言う基本というのは当サイトでも紹介しているSEOの基本1〜4の項目のことで、自然なサイト作りとこれら4つの基本さえ抑えるのが最も効果的な対yahoo検索エンジンのSEO対策となると言われています。利用率が高いyahooで上位表示されるだけで急激にアクセス数が伸びたサイトも数多いので、まずは対yahooとして基本項目1〜4を実践することをオススメします。