SEOについて簡単に説明すると「検索エンジンにおいて上位結果表示させる方法」となります。とは言ってもSEOの方法自体、自由に検索結果上位に表示させることができるテクニックが確立しているわけではなく上位結果表示になる可能性が高いという、どこかハッキリしない表現になるのです。どういったSEOが効果的なのか、確実な方法が確立されていない不確定な情報を扱う業界ですが、今SEO業界は他の競合SEO企業も増えていることからますます上位表示が難しくなっています。当サイトではネット上で激動いるを繰り広げているSEO事情等を紹介し、効果的なSEOを探る手助けをするコンテンツをご用意しています。

一ページ内のキーワード

テキストマッチングとは、そのページの内容とサイトのテーマから予測できる最適なキーワード、もしくは関係性のあるキーワードがどれくらい使用しているかをチェックするSEO作業です。このページでは、テキストマッチングの効果と方法についてご紹介します。

サイトの内容に即したキーワードの配置を

テキストマッチングで一番にチェックしなくてはいけない部分は、サイトのテーマとテキスト内に使われているキーワードの使用頻度及び位置です。通常、特にSEOを意識せずページの内容を入力すると可もなく不可もなくといった程度のキーワード率と配置になります。これは言い換えれば”意図的にキーワードの出現率と位置を調整していない”状態であり、真の意味で自然なサイトの内容となります。サイト情報を収集しているクローラーにもいくつか種類があり、ものによってはこのキーワードの出現率と位置を重要視するタイプもあります。全てのクローラーがキーワードの出現率と配置具合をチェックしているわけでありませんが、あくまでも無理な配置、出現率にならない程度であればキーワードの使用頻度と位置の調整を行ってみましょう。

ページの内容にあったキーワードの選定と配置、使用頻度

各ページ毎に内容が違うことを考えれば、自然と各ページにおける重要なキーワードにも違いが見られます。仮に健康食品をテーマにしたサイトで、フコイダンというキーワードを一番にしたいと思っても、全てのページのキーワード出現頻度、使用率でフコイダンが一位だとあまりにも不自然です。全てのページのキーワードが同一になるというのはテキストマッチングの観点からも避けるべき事態なので、テキストの内容に即した適切なキーワードを選び、くれぐれも過度にキーワードの使用頻度、出現率を調整するのは避けましょう。