SEOについて簡単に説明すると「検索エンジンにおいて上位結果表示させる方法」となります。とは言ってもSEOの方法自体、自由に検索結果上位に表示させることができるテクニックが確立しているわけではなく上位結果表示になる可能性が高いという、どこかハッキリしない表現になるのです。どういったSEOが効果的なのか、確実な方法が確立されていない不確定な情報を扱う業界ですが、今SEO業界は他の競合SEO企業も増えていることからますます上位表示が難しくなっています。当サイトではネット上で激動いるを繰り広げているSEO事情等を紹介し、効果的なSEOを探る手助けをするコンテンツをご用意しています。

苦戦必至な対google用SEO

SEOにおいてyahooよりも検索上位に導くのが難しいとされているのがgoogle検索エンジンです。ごく基本的な、自然なサイト作りを心がけ基本的なSEOを施すことである程度検索結果を上げることができるyahooとは違い、googleはyahoo程基本のSEO項目を重視してないと推測され、他の対策が難しい要素を重視していると見られています。このページではyahooに次いで多くの人に利用されている検索エンジン、googleで検索結果上位にするためのポイントについてご説明します。

リンクポピュラリティがgoogle攻略のカギ

yahooほどタイトル要素、メタタグ、ヘディングタグ、キーワードを重視していないと見られていても、これら基本のSEOを疎かにすることはできません。基本のSEOを施すことで多少とはいえ順位の変動が見られたという結果もでているようなので、まずはタイトル、メタ、h1等の見直し、調整をするところから始めましょう。調整が済んだ後はいかにしてgoogleにとって効果的なSEOを施すかを考えなくてはなりません。

googleが一番重要視しているサイト情報はリンクポピュラリティだといわれており、これはそのサイトからどれくらい外部リンクが発信されているか、どれくらいの人がそのリンクを辿ってサイトに訪れているか、テーマ・キーワードと関係性のあるサイトからどれくらいリンクが張られているかを評価する項目です。

より効果的なリンクを生むためには

基本、クローラーは<head>タグ内に記述されている文字エンコードタグやタイトル、メタなどの記述を最初に読み込み、次にサイト内に存在するリンクの数を調べます。googleのクローラーは特にこのリンクを重要視する傾向にあり、どれだけデザインに優れコンテンツが充実しているサイトだとしてもそのサイトからの発リンクが少なかったりそのサイトにリンクを辿ってアクセスしている人が少ないとなかなか評価してくれません。リンクポピュラリティを効果的に増やしたいのであれば、同じテーマ・キーワードを扱うサイトと相互リンクをして互いにリンクを張り合ってリンクポピュラリティを上げたり、多くのユーザーにブックマークしてもらえるような魅力あるコンテンツを作って、定期的にアクセスしてくれるリピーターを増やしてあげるのがいいでしょう。相互リンクも魅力あるコンテンツも他のSEO対策と違ってすぐに行えるものではないので、対策を行うときはじっくりと時間をかけて焦らずリンクポピュラリティを高めましょう。
効果的なリンクの構築が難しい場合は、プロに一任するのも一つの手です。
紹介サイトなどを見て慎重に検討してみてはいかがでしょうか。

▼比較・紹介参考サイト
1.SEOTOOLS - サービス比較
2.SEO各社の紹介や評判など