SEOについて簡単に説明すると「検索エンジンにおいて上位結果表示させる方法」となります。とは言ってもSEOの方法自体、自由に検索結果上位に表示させることができるテクニックが確立しているわけではなく上位結果表示になる可能性が高いという、どこかハッキリしない表現になるのです。どういったSEOが効果的なのか、確実な方法が確立されていない不確定な情報を扱う業界ですが、今SEO業界は他の競合SEO企業も増えていることからますます上位表示が難しくなっています。当サイトではネット上で激動いるを繰り広げているSEO事情等を紹介し、効果的なSEOを探る手助けをするコンテンツをご用意しています。

キーワードを上手に調整する

サイトのテーマを決めれば自然と上位に表示されるキーワードはある程度決まります。テーマから選出されるキーワードとそのキーワードにあった内容のコンテンツを配置することで、クローラーのスコアリングが上がりアクセスアップが狙えます。このページではSEO基本作業であるキーワードの調整についてご説明します。

クローラーのスコアリングを高くするためには

サイト情報を収集しているクローラーにもいくつか種類があり、それぞれサイト内で重要視する項目に違いがあるので全てのクローラーに対して最適な対策というものは存在しません。しかし殆どのクローラーはリンク形態やキーワードの出現率、使用頻度、配置等を見てサイトを独自の点数でスコアしているので、このスコアを高くすることがクローラーにデータベースに登録してもらう可能性を上げることにつながります。

SEOの基本1〜3にて<title>要素、メタタグ、ヘディングタグの意味・重要性についてご説明しましたが、これらの要素に対してキーワードがどの程度使われているのかもクローラーはチェックしてスコアをつけるので、自然な形でキーワードを絡められそうなところにはなるべくキーワードを配置してあげると良いでしょう。タイトル要素であればキーワードとサイト名を何かしらの単語で繋げてみたり、ヘディングタグはなるべく</body>タグの直下に配置してかつキーワードを絡めるようにするとベストだと思います。また、そのページにおける重要度の高いキーワードについてもなるべくソースの上部にくるようにし、ページ下部に偏ったキーワードの配置や逆にソース上部に偏るキーワード配置は避けましょう。テキスト内にキーワードを自然に絡めつつ位置をなるべく上部に持っていくのは経験、テクニックが必要となるので、無理に詰め込むような形になるようであれば触らないほうが無難です。