SEOについて簡単に説明すると「検索エンジンにおいて上位結果表示させる方法」となります。とは言ってもSEOの方法自体、自由に検索結果上位に表示させることができるテクニックが確立しているわけではなく上位結果表示になる可能性が高いという、どこかハッキリしない表現になるのです。どういったSEOが効果的なのか、確実な方法が確立されていない不確定な情報を扱う業界ですが、今SEO業界は他の競合SEO企業も増えていることからますます上位表示が難しくなっています。当サイトではネット上で激動いるを繰り広げているSEO事情等を紹介し、効果的なSEOを探る手助けをするコンテンツをご用意しています。

ヘディングタグの有効活用

SEO作業をするなら<title>要素とメタタグ、h1等のヘディングタグの修正は欠かせません。これらはSEO対策を施す上でほぼ確実にチェックが入り、必要であれば適時修正を加えなくてはならない重要な要素であり、単純ながらも確実に抑えておきたいSEO基本のポイントです。このページでは見出しタグ(ヘディングタグ)の記述方法についてご説明します。

見出しタグの基本用法

見出しタグはそのままの意味で、そのページの見出し、つまり内容が一目で分かるような内容の記述と合わせて使用するタグで、ページの内容となるテキスト部に使用するのではなくあくまでもその内容を簡潔に表した文を入力する必要があります。ヘディングタグはh1からh6までの計6つあり、h1が一番重要度が高くh6が一番重要度が低い設定となっています。新聞などを見るとわかりますが、見出しとなる部分はなるべく大きな文字にし、コンテンツを見ているユーザーの目につきやすい文字の大きさ、色、位置にするのが基本です。

ヘディングタグのルール

見出しタグは本文中に何度も使えるものとそうでないものとに分かれています。一番重要度が高いh1は一ページにつき一回と決められており、複数回使うと見出しタグとしての効果が殆どなくなってしまいます。h2以下は基本的に同ページ内で何度使っても構わないとされていますが、重要度が高い見出しタグよりも上の位置に重要度が低いタグを配置するのはNGとしているので、順番としてはh1→h2→h3といった具合に、ソースの上から順に配置していくのがベストです。