SEOについて簡単に説明すると「検索エンジンにおいて上位結果表示させる方法」となります。とは言ってもSEOの方法自体、自由に検索結果上位に表示させることができるテクニックが確立しているわけではなく上位結果表示になる可能性が高いという、どこかハッキリしない表現になるのです。どういったSEOが効果的なのか、確実な方法が確立されていない不確定な情報を扱う業界ですが、今SEO業界は他の競合SEO企業も増えていることからますます上位表示が難しくなっています。当サイトではネット上で激動いるを繰り広げているSEO事情等を紹介し、効果的なSEOを探る手助けをするコンテンツをご用意しています。

基本的な修正箇所を見直す

サーチエンジン最適化の作業量は、対策をかけるサイトのページ数やサイトの内容、リンクの数やコンテンツの配置等によって大きく変動します。最初からSEOに配慮しつつ作られたサイトであれば修正・対策する箇所は少なくて済みますが、まったく何の対策もされていないサイトの場合はまず基本的なポイントを抑えつつ一から対策をかけるしかありません。このページではSEO対策が一切施されていないサイトに対して行う、ごく基本的なSEO作業【タイトル要素の修正】についてご説明します。

まず最初に見るのは<title>

タイトル部分はSEOにおいて一番最初に見る部分だと言っても過言ではありません。それもそのはず、サイトのタイトルはおよそ検索エンジンを利用して検索をかけた際、ユーザーが一番最初に目を通す部分だからです。仮にこのタイトル部分が空白、または無題となっていると検索をかけたユーザーは探している情報を掲載しているサイトだとはすぐに判断できず、結果としてアクセスしてもらえない可能性が非常に高くなります。よって、SEO対策をかける時は一番最初にサイトのトップページのタイトルをチェックしましょう。

トップページタイトルの修正方法

では具体的にどのようにタイトル要素修正すればいいのでしょうか。ショップ形式のサイトや個人サイトなどを一通り目を通してみると分かりますが、多くのサイトはタイトルにサイト名とページ名を入れることで、どのサイトのどのページかを瞬時に判断できるようにと配慮しています。例えば「○○○が安い ○○○スーパー」のように、まずサイトの目玉となる情報を簡潔に述べてからサイト名を入れるといった具体です。このサイトの目玉となる情報はなるべくキーワードを絡めるようにしておくとベターです。仮に健康食品をテーマにしたサイトで青汁を検索キーワードとしているのであれば、「青汁で健康生活!○○○○○」のように入力すると良いでしょう。

SEOについて特に意識せずにサイト作るとタイトル要素の内容が「○○○○(サイト名)」「○○○○ページ」といったように単純、淡白な付け方になりがちなので、なるべく人の目を引くようなタイトルにし、可能であればそこにキーワードを含めるという方法が好ましいです。